【ソイジョイ】年間で100本食べる私がオススメする5種類の味!

本ブログの他記事でダイエットにはソイジョイがオススメという記事を投稿しました。

あわせて読みたい
【ダイエット】置き換えダイエットにはソイジョイがおすすめ|3つの理由で解説
【ダイエット】置き換えダイエットにはソイジョイがおすすめ|3つの理由で解説1日の食事をダイエット食品に置き換える「置き換えダイエット」。置き換えダイエットに活用する食品として"ソイジョイ"をおすすめしています。ソイジョイは気軽に食べることができて、しかも低カロリー。腹持ちも良いのですぐにお腹が減りません。

ソイジョイは低GI食品(※)であり、糖質量も非常に少ない食品。

その割に適度な食べごたえがあるため、ダイエットのお供として最適と考えています。

ただ、ソイジョイは4カテゴリ12種類もの味が存在するため、初めての方はどれを食べて良いか迷いますよね?

そこで、ほぼ毎日ソイジョイを食べている私が、毎日食べることを前提にオススメの味を5種類ほどご紹介!

この記事はこんな人にオススメ

  • ソイジョイのおすすめの味が知りたい
  • ソイジョイをダイエットに役立てようと考えている
  • 間食のお供としてソイジョイを考えている
本記事の内容

【ソイジョイ】オススメの5種類

ソイジョイの中でも特にオススメできる味を5種類ほど紹介します。

順位などはなく紹介している順番もオススメする順番という訳ではありません。

平日、ランチに1本食べると考えた場合、ローテーションが組めるよう5本としています。

(1日2本の方は他の味も混ぜて調整してみてください)

2種のアップル

ソイジョイ 2種のアップル

名前の通り、リンゴと青りんごという2種類のアップルがたっぷり入ったフルーティーは味わい。

大豆生地とアップルの酸味が絶妙なバランスであり、ソイジョイの中でも断トツのしっとり感となっています。

エネルギー133kcal
タンパク質4.5g
糖質7g(飽和脂肪酸1.9g|トランス脂肪酸0g)
コレステロール6〜13mg
炭水化物15.2g(糖質11.8g|食物繊維3.4g)
食塩相当量0.10〜0.22g
大豆イソフラボン20mg

アーモンド&チョコレート

ソイジョイ アーモンド&チョコレート

食べごたえがあり1本でかなりの満足感が得られるソイジョイ。

チョコレートの濃さもちょうど良く、大豆生地が苦手な人でも問題なく食べることができます。

お菓子ソイジョイの代表格でもあります。

エネルギー145kcal
タンパク質5g
糖質9.7g(飽和脂肪酸2.2g|トランス脂肪酸0g)
コレステロール6〜13mg
炭水化物12.2g(糖質7.6g|食物繊維4.6g)
食塩相当量0.09〜0.20g
大豆イソフラボン18mg

ブルーベリー

ソイジョイ ブルーベリー

アーモンド&チョコレートに並ぶソイジョイの代表的な味。

大豆生地の独特の食感と、ブルーベリーによるサッパリ感で適度な満足感が得られます。

ある意味、最も嫌味がなく食べられるソイジョイと言えます。

エネルギー134kcal
タンパク質4g
糖質7.4g(飽和脂肪酸3g|トランス脂肪酸0g)
コレステロール5〜11mg
炭水化物15.2g(糖質11.3g|食物繊維3.9g)
食塩相当量0.07〜0.17g
大豆イソフラボン18mg

ピーナッツ

こちらもソイジョイの中では王道の味のひとつ。

最近リニューアルされて糖質が従来の1/4(26%)カットされました。

食べごたえもあり1本で満足できるソイジョイです。

エネルギー149kcal
タンパク質6.5g
糖質10.5g(飽和脂肪酸2.6g|トランス脂肪酸0g)
コレステロール6〜13mg
炭水化物9.8g(糖質5.4g|食物繊維4.4g)
食塩相当量0.08〜0.19g
大豆イソフラボン21mg

スコーンバー プレーン

新たにラインナップに加わった新カテゴリ【スコーンバー】

現状ではこのプレーンのみ。

スコーンの程よい食感を再現しており、薄っすらとマーガリンの風味が漂い紅茶に合うソイジョイです。

エネルギー117kcal
タンパク質4.7g
糖質6.6g(飽和脂肪酸2g|トランス脂肪酸0g)
コレステロール6〜13mg
炭水化物10.9g(糖質9.4g|食物繊維1.5g)
食塩相当量0.22g
大豆イソフラボン17mg

ソイジョイは4カテゴリ12種類

ソイジョイは特徴ごとに4つのカテゴリに分かれており、レギュラー商品は全11種類。
※たまに季節の期間限定味が登場します。

  • フルーツ系:大豆生地にフルーツを混ぜてサッパリ
  • ナッツ系:食べごたえのあるナッツが含まれている
  • クリスピー:大豆生地に大豆パフでサクサク
  • スコーンバー:しっとり食感と粒々とした粗びき大豆

どれもマズイ味は存在しませんがクリスピーにだけは少し注意が必要。

サクサク食感で軽く食べられる軽食に最適なソイジョイですが、サクサク=ポロポロとこぼれやすい。

オフィスでササっと食べたい時は、その特性がマイナスポイントになるかもしれません。

ソイジョイは組み合わせて食べると飽きません

ソイジョイはその味のバリエーションの豊富なので、2本組み合わせる楽しみがあります。

主食をアーモンド、デザートとしてブルーベリーを食べるといった感じです。

私はランチで2本食べることを基本としています。

その日、その時の体調や気分で

「味」「本数」「組み合わせ」を選べるのもソイジョイの楽しみのひとつです。

ソイジョイに興味が出てきた方は、一度全ての味を食べてみてください。

ソイジョイには全ての味がセットになったものも販売されています。

最初はこちらを購入して、全ての味を知ったうえで好きな味に集中すると良いですね。

ソイジョイ 12本 11種類 各1本ずつ スコーンバー プレーン入り + お楽しみ1本 アソート
ソイジョイ

さあ、あなたも今日から素敵なソイジョイライフを!

本日は以上です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

男性に役に立つ情報を定期的に投稿しています。

コメント

コメントする

本記事の内容
閉じる